About Us総合選抜について

進路決定の固定概念から自由になろう!

「物理が得意だから、大学では物理学を勉強しよう」と決めてしまっていませんか?

大学にはみなさんの知らないたくさんの学問領域があります。高校で学んだ教科だけで進路を決めてしまうと、自分の将来を狭めてしまうかもしれません。情報学は理系、地理学や心理学は文系、と思い込んでいませんか?


多くの学問は、文系、理系どちらからもアプローチ可能です。まずは、それぞれの学問に実際に触れてみて、その後に専門を決めるという方法もあります。

それをかなえる入試が「総合選抜」です。

これまでの筑波大学の入試は受験時に学群・学類を決める方式でした。総合選抜では「文系」「理系Ⅰ」「理系Ⅱ」「理系Ⅲ」という学群・学類よりも幅広い区分で選抜します。入学後の1年間は英語をはじめとする外国語や情報・体育などの基礎科目のほかに、様々な分野の専門導入的な科目を学び、1年次の終わりに本人の志望と入学後の成績などに基づいて2年次以降に所属する学類・専門学群が決まります。

いずれの区分で入学しても、体育専門学群を除くすべての学群・学類に進めます。
ただし、志望する学群・学類の指定する科目を履修していることが条件となります。また、特定の選抜区分から入学した学生を優先して受け入れる学群・学類もあります。