Supportサポート体制について

総合学域群のサポート体制について

あなたの夢を叶えるお手伝い
希望の移行先に向けて、丁寧で手厚いサポート

総合選抜導入に伴い、総合学域群の学生を対象とした各種相談を行うアカデミックサポートセンターだけでなく、クラス担任制度や全学学生支援組織といった様々な支援体制があります。
総合学域群の学生は、各種相談窓口における履修相談等を活用しつつ、入学後に学びたいと思う専門領域を選択することになります。

  1. Support 1 類・クラス 入学して所属する類(第1類、第2類、第3類)、そしてその中のクラスが、皆さんの大学生活初年度の基本単位です。クラス担任が、実施するフレッシュマン・セミナーなどを通じて、皆さんの修学や学生生活全般について助言や相談に応じます。また、クラスや類において複数回履修等のガイダンスを実施する予定です。 詳しく見る
  2. Support 2 アカデミックサポートセンター 総合学域群の学生は入学してからの学びのなかで、将来の進路や自分の関心、適性にあった学類・専門学群を選択します。入学直後は、自分の興味・関心が定まらず学類等の選択や科目の選択に迷うかもしれません。アカデミックサポートセンターでは、志望する移行先の絞り込みの助言や適切な履修計画・進路選択等をしっかりとサポートします。 詳しく見る
  3. Support 3 全学学生支援組織 ■保健管理センター
    ■学生相談室・総合相談窓口
    ■ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター(DACセンター)
    筑波大学のすべての学生に向けて、健康面や学修面などをサポートする体制が用意されています。積極的に活用してください。
    詳しく見る