Message総合学域群長からのメッセージ

総合学域群へようこそ

未来を見据えて、広い視野からじっくりと学ぼう
山中 弘
山中 弘総合学域群長(特命教授)

総合学域群は、令和3年4月から学生を受け入れる筑波大学で最も新しい学群です。ここに籍を置く学生は総合選抜入試で入学した1年次生だけです。2年次になると自分の希望する学類・専門学群に進級して、所属も総合学域群からそれぞれの教育組織へと移ります。
つまり、本学域群は、総合選抜で入学した1年次生のためだけに用意された特別な「学びの場」ということになります。

総合学域群という名前に注目してください。これまでの学類・専門学群は名前から何をそこで学ぶことができるのかがおよそ見当がつきました。総合学域群は、そうした専門領域の名前ではなく、どの学問的領域でも広く総合的に学ぶことができる「学域」、つまり総合学域群と名づけられました。


キャンパス

本学域群の特長の一つは、高校までの学びに基づき、複数の専門学域の学修を通じて広い視野から様々な学問を多角的にとらえる基礎的な力を身につけるということです。特定の学類・専門学群に属していないメリットを最大限に活用して、複数の学類・専門学群が提供する専門導入科目などを積極的に履修してみてください。

もう一つの特長は、自分とは違う問題意識や将来の夢をもつ仲間と一緒に、1年間の学びの中で将来の方向性を考えながら、自分の関心と適性に合った学類を絞ることができるということです。
もちろん、「移行」先を絞ることは一人では大変です。そのため、本学域群には、他の学類・専門学群にはないアカデミックサポートセンターという、1年次の皆さんの学修を手厚く支援する組織を備えています。

いずれにしても、総合学域群という学びの場を意義深いものにできるかどうかは、最終的には皆さん次第です。皆さんが総合学域群に所属して良かったと自信を持って振り返ることができるよう、一緒に頑張っていきたいと思います。